━renewal━━━━━━━━━━━

ホームページリニューアル

Webサイトは定期的な見直しを

ご相談ください!

こんなお悩みありませんか?

デザインが古臭くなってきてかっこ悪い

デザインの古臭さは、そのまま企業イメージのマイナス要因にもなりかねません。

もっとHPを上位表示させたい

SEO対策を施したホームページで、狙ったキーワードを上位表示させましょう。

どうリニューアルしたらいいかわからない

現状の何が不満でどうしたいかを考えましょう。まずはご連絡ください、プロが一緒に考えます。

スマホに対応してないので見にくい

アクセスの8割はスマホからと言われています。スマホ未対応のHPは大きな機会損失に。

ライバル企業のHPに負けている

ホームページの第一印象はとても大事、自作のHPや古いHPではライバルに差をつけられる一方です。

ネットからの集客を伸ばしたい

集客型のホームページにリニューアルして、ネット集客をもっと身近なものに。

HPのリニューアルは定期的に

古くなったホームページは放置しない

何年も前に作ったホームページ、デザインも古臭くなってきたけど、どうしたらいいか分からない…。このような理由で、自社のホームページが放置状態になっていませんか?

5年前、10年前に作ったホームページは、今もちゃんと機能しているでしょうか? アクセスの8割がスマホからである現状、スマホで閲覧しにくいHPはそれだけで大きな機会損失をしています。

ホームページを公開してからそれなりの年月がたつと、デザインだけでなくシステム面でも現在の環境に対応出来ていなかったりと、問題も増えてくるはず。

古くなったホームページは放置すると、企業ブランドイメージを損なう可能性もあります。

こんなケースの場合はご検討を

リニューアルを考えるタイミング

リニューアルをするタイミングは、それこそ十人十色で決まりごとがあるわけではありません。ただ、HPのリニューアルはそれなりの費用がかかりますので、気まぐれに更新を繰り返すわけにもいきません。ただ、下記のようなケースに該当する場合は、そろそろリニューアルを検討したほうが良いかもしれません。リニューアルの目安としてご参考までに。

Webデザイン

競合他社よりデザインが古くさい

ホームページのデザインが一昔前の古いデザインのままだと、ユーザーが競合他社と比較した時に、選ばれなくなる可能性が高くなります。古臭いデザインはそのまま企業イメージの低下を招きます。早めにリニューアルを検討すべきです。

ホームページ制作のイメージ

機能的に問題がある

Webブラウザ(Chrome、Firefoxなど)のバージョンアップに対応出来ず、レイアウトが崩れたり、正常に動作しなくなってしまう場合などは、リニューアルが避けられないタイミングと言えます。

コーディングが難しくて自分で更新出来ない

ささいな修正でも、業者に費用を払って依頼しなければならず、依頼しても何日も待たされる、そのような悩みがあるなら、リニューアルを検討しても良いかもしれません。中小企業や個人事業の方にとっては、手早くリーズナブルに修正出来ることが大事なはず。

コンバージョンが低下している

ホームページへのアクセスやコンバージョン(お問い合わせなど)が低下している場合、HP内の情報が増えすぎて整理されず、読みにくくなっているのかも。リニューアルでUI/UXを改善したいところ。また、最初からお問い合わせなどが無い場合は論外ですので、集客出来るサイトにリニューアルを検討すべきです。

セキュリティ対策

セキュリティ対策が不安

古いホームページは、セキュリティ対策が出来ていないことが多いです。特に、SSL化(暗号化通信)されてないサイトは、Web上で「保護されてない通信」と表示されてしまうため、見込み客を逃してしまう可能性が高まります。

放置するのはもったいない

時代にマッチした意味のあるホームページを

ホームページリニューアルのタイミングに、決められたスパンやタイミングはありませんが、上述したようなケースに該当する場合は早めの検討が必要です。

また、ホームページを作ったもののお問い合わせがまったくない、成約に影響がないという場合も、ホームページを作った意味をもう一度再考すべきではないでしょうか。ホームページを作った目的が集客や認知拡大のためなら、結果に繋がらないサイトに月額費をなんとなく払い続けるのは勿体ないですよね。

私たちは、何のためにホームページが必要なのかという本質的な部分を忘れず、結果に貢献出来るサイトリニューアルをご提供します。