BLOG

代表のブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. Web集客
  4. サブスクとは?導入するメリットや参考になる事例をご紹介
サブスクモデル

サブスクとは?導入するメリットや参考になる事例をご紹介

こんにちは、GMマーケティングス代表のスズキです。
「サブスク」ってご存知でしょうか?
最近は様々なメディアでも取り上げられ、流行のビジネスモデルになっているので、既にご存じの方もいらっしゃるかもしれませんね。
今回は、今流行りの「サブスク」についてお話したいと思います。

ジャンルや規模を問わず、様々な企業がサブスクモデルのサービスを展開しています。
今後サブスクをいかに自分のビジネスに取り入れられるかが、重要なポイントになると思われますので、「サブスクは聞いたことあるけど何なの?」という方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

サブスクとは?

サブスクとは、サブスクリプションの略語で、簡単に言えば会員制の定期購入、定額サービスのことです。
最近はよく目にすることも多いですが、動画配信のNetflixやHuluなどは、わかりやすいサブスクモデルですね。
また、月額課金のオンラインサロンなどもサブスクのビジネスモデルです。

以前は定額制のサービスといえば、商品の定期購入などが多かったですが、最近のスマホの普及により、様々なサブスクモデルのビジネスが登場しています。
特に動画配信や音楽配信といったデジタルコンテンツとは相性が良く、一気に普及した感じがあると思います。
他にも、スマホの普及で決済サービスもデジタル化が進んでいることもあり、店舗型のビジネスにおいても、定額食べ放題や定額使い放題など、サブスクのモデルが普及しつつあります。

サブスクは使い放題の意味もある?

よく、サブスクのことを使い放題のことと思われている方もいますが、これは間違いです。
サブスクモデルの中に使い放題や食べ放題を取り入れていることが多いだけで、使い放題=サブスクリプションではありません。

サブスクは前述のとおり、あくまでも会員制の定額サービスのことで、例えば「月額1000円で好きなお菓子を毎月お届け」というサービスがあったとして、これは食べ放題とは違いますが、サブスクモデルのサービスですよね。
サブスクは使い放題という固定観念は持たず、自由な発想でビジネスにサブスクを取り入れてみてください。

サブスクリプションを導入するメリット

サブスクを自分の商品・サービスに導入するメリットですが、やはり「リピーターを獲得しやすい」という部分が大きいと思います。
通常、商品やサービスの販売は売り切り型であることが多いと思いますが、この場合リピーターとして再購入してもらえるのか?という部分は予測するのが難しく、リピーター獲得のためのマーケティング戦略が必要になります。

しかし、サブスクリプションは継続的なビジネスモデルであり、ユーザーと事業者の関係性が持続しやすいというメリットがあります。
また、売り切り型と違って月の売上予測も立てやすく、年間の売上も安定しやすくなるという、とても優れたビジネスモデルと言えるでしょう。

もちろん、あくまでも顧客満足度が高いサービスである、という前提は必要ですが。
他にも、ユーザー側からの視点で見れば、コスパが良かったり、気軽に始められる価格設定のものが多く、新規購入の参入障壁を取り除きやすいというメリットもあります。

時代はサブスク、こんな事例を紹介します。

月額課金サービス

様々な企業がサブスクのビジネスモデルを取り入れ、新しいサービスを次々と生み出しています。
有名大手企業のサブスクや面白いサブスクのサービスなどを、いくつかご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

Amazon.co.jp

世界のAmazonですが、おそらく誰しもが知ってるサブスクのサービスといえば、「Amazonプライム」でしょう。
会費は月額500円、または年間4900円で、通常配送料無料、手数料無料のほか、動画配信、音楽配信など複数のサービスも利用できる、ユーザーにとってはとてもコスパの良い内容で、世界中で多くのユーザーが加入しています。配送料のサービスだけでなく、動画や音楽の配信放題といった付加価値を提供することで、新規ユーザーとリピーターどちらも獲得しています。

TOYOTA

自動車メーカーのTOYOTAが始めたサブスクといえば、「KINTO」です。こちらのサービスは、月額制の頭金なしで3年間新車が乗れるというものです。
ただのリースと違う付加価値として、任意保険や自動車税が月額費に含まれているという部分と、やはり新車を気軽に所有できるというところが魅力になっていると思います。
頭金の用意や手続きの面倒な部分をカットしているのも、新規顧客開拓に一役買っていると思われます。

Microsoft

マイクロソフトの代表的なサブスクといえば、最新のオフィスシリーズが月額で使用できる「office365」です。
ワードやエクセル、パワーポイントといった定番のソフトを常に最新の状態で使用できるのがポイントで、購入すると数万円かかることを考えると、月額1274円で使い放題、バージョンアップも関係なしという条件なら、ユーザーにとっては魅力的なサービスといえるでしょう。

野郎ラーメン

関東で二郎系のラーメンを提供している野郎ラーメンでは、月額8600円で毎日ラーメンが食べられる、「1日一杯野郎ラーメン生活」というサブスクのサービスを始めています。
ラーメン一杯あたりの価格が800円前後ですので、12杯前後でもとが取れるという、ヘビーユーザーには魅力のある内容になっています。

Yclean

ワイクリンは、日本初のワイシャツ宅配サービスを行っていて、月額8800円で毎月自分専用のワイシャツが送られてきて、ユーザー側の手間はまとめて返却するだけ、という独身・単身赴任のビジネスマンにはありがたいサービスになっています。
また、継続するほど月額費が割引されるというサービスも展開していて、客離れを抑止する工夫もしています。

あくまでもユーザーファーストが前提

今回は、今はやりのサブスクリプションについてお話しつつ、実際に展開されているサービスをいくつかご紹介しました。
ここまで読んでいただければお気づきかと思いますが、基本的にすべてのサービスはユーザーにとって魅力のあるものであり、企業側のほうは多少の損失は覚悟で行っています。

多少の損失はあっても、リピーターの獲得や客離れの抑止というメリットがありますし、LTVを考えれば、とても優れたビジネスモデルと言えるでしょう。
サブスクのサービス立案に関しては、あくまでもユーザーファーストで考え抜き、よりユーザーに魅力的に映る施策を打ち出す必要があります。

今、時代はサブスクの波が来ています。ぜひ、自社のサブスクモデルを考えてみてください。
もし相談したいことや聞いてみたいことなどがあれば、お気軽にお問い合わせください!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

代表自己紹介

GMマーケティングス代表の鈴木です。

 

塩竈を中心に、多賀城・利府・富谷など仙台市近郊で、集客できるホームページの製作をしています。

 

Web製作としては、成功報酬型広告(アフィリエイト)で多くのサイトから、成果を出しています。

 

また、JIMOHACK宮城というローカルメディアサイトを運営しており、地元宮城の魅力を多くの人に伝え、地域を活性化させるために活動しています。

 

JIMOHACK宮城県版

 

Twitterのアカウントはコチラです↓↓

Twitter

 

地方では、ホームページの有用性が本当の意味で理解されていないのが現状です。
集客できるホームページで地元企業・店舗の業績向上に貢献し、地域活性化につなげていくことを目標としています。

カテゴリー