リモートワーク

リモートワーク(在宅勤務)の導入ならおまかせください

新型コロナウィルスの影響によって、私達の生活環境や職場環境は、否応なしに変わりつつあります。コロナ終息の見通しが立たない今、自社のリモートワーク(在宅ワーク)化について考えている方は多いでしょう。ただ、リモートワークのやり方が分からず、何となく後回しにしてしまっている、という方も多いのも事実だと思います。

リモートワーク自体は、コストをあまりかけずに始めることもやり方によっては可能ですし、仕組みさえ理解できればさほどハードルは高くありません。

弊社はWeb制作という業種の特性上、リモートワークの設定や環境づくりは最も得意とするところです。この特性を活かし、リモートワークのシステム作りや、アドバイスの面でお力になれるのでは、と考えています。

こんなお悩みはありませんか?

リモートワークを検討する社員

  • リモートワークを導入したいけど、やり方がわからない
  • 自分の業種にどう活かせば良いかわからない
  • 費用が高額になりそうで、手が出せない
  • コストをあまりかけずに導入する方法を知りたい
  • Webの知識が無いので、導入に不安がある
  • 社員(部下)の勤怠状況に対して不安がある
  • セキュリティに不安があって迷っている

このようなお悩みがありましたら、地域密着型のWeb製作会社、GMマーケティングスがお力になります。

リモートワークの導入に必要性は感じているけど、やり方がわからない、あるいは導入に抵抗がある、という方も多いかもしれません。

導入に抵抗を感じる理由の大半は、やはり「よく分からないから」という部分が大きいのではないでしょうか。セキュリティ面で不安を感じたり、費用に不安を感じるのも、やはり情報不足によるものが大きいのではと考えています。

リモートワークとは?

リモートワークとは、そもそもどんな業務形態のことを指すのでしょうか?少し前に「ノマドワーカー」という言葉が流行りましたが、リモートワークはまさにそのノマド的な働き方のことで、Webを活用して場所や時間に縛られずに仕事をする業務形態のことです。

コロナ以降は、自由な勤務形態という意味合いよりも、簡単に言うと「在宅勤務」という意味合いで使われることが多くなっていると思います。企業で導入を考えているのは、後者の在宅勤務としての意味合いになると思いますが、多くの場合、自宅、あるいはカフェなどで社員がPCを使い、業務を行う形態になるでしょう。

また、学習塾やカウンセリング、法律事務所などの対面型の業種でも、リモートワークを取入れる会社や店舗が増えてきています。

リモートワークのために必要なもの

ここからは、リモートワークを導入するためには、何が必要で、どんな準備をする必要があるのか、という部分についてわかりやすくご紹介します。

ネット環境の整備

リモートワーク中の男性

Asian businessman talking to colleague team in video call conference writing note on book with smile face. Man using computer laptop and headphone for online meeting. Smart working from home concept.

まず、リモートワークを導入する上で必ず揃えなくてはならないのは、PC(あるいはタブレットなど)とネットに接続できる環境です。PCを所持していない、ネットに接続出来る環境が無い社員に対して、どのようにして環境を整えるのか、まずは考えることが必要です。

スマホなどでも行える業務であれば、それで代用出来ますが、PCが無ければ難しい場合は、社員分のPCを買い揃えるか、あるいは企業向けにPCをリースしている業者もいますので、そちらを利用するのも良いでしょう。

もちろん、会社のノートパソコンをリモートワークする社員が持ち出すことが可能であれば、PC所持の問題はクリア出来ると思います。ネットに接続する環境が無い社員に対しては、リモートワークはネットに接続しなければ導入出来ませんので、費用面などの話し合いが必要になると思います。

学習塾やカウンセリングなどの対面型ビジネスの場合は、顧客がネットに繋げられる環境にあることが条件になります。PCやタブレットでなくても、スマホで十分対応可能な業種が大半だと思いますが、zoomなどでオンラインの対面講座やカウンセリングを行う場合、データ通信量が膨大になるため、wi-fiの設置がほぼ必須になります。

その他、条件によってはWebカメラ、マイクなども必要になる場合があります。

リモートワークに必要な機材
  • パソコン
  • ネット環境
  • Webカメラ
  • マイク

リモートワークに必要なツール

リモートワークでは、社員や顧客との連絡をスムーズに行うため、チャットなどが出来るコミュニケーションツールが必須になります。

代表的なコミュニケーションツールとしては、LINEなどがありますが、LINEよりもビジネス向けのコミュニケーションツールとして、「Chatwork」がおすすめです。

Chatworkは拡張性が高く、データのやり取りなども容易ですので、導入する企業も増えています。

その他、Web会議や打ち合わせなどが必要な場合は、ビデオ通話が可能になるツール「Zoom」というツールがおすすめです。Zoomはセキュリティ面での脆弱性が指摘されることもありましたが、現在は度重なるバージョンアップにより、強固な暗号通信が行われるようになり、問題点は解消されています。

ひとまず、この2つのツールがあれば、リモートワークを始めることが可能です。ChatworkもZoomも、無料で使うことが出来るツールです。PCやネット環境さえ整っていれば、コストはほとんどかけずにリモートワークを導入することが可能です。

リモートワーク導入で解決すべき問題点

リモートワークを導入するにあたり、明確にしておいたほうが良い部分や注意点などがありますので、いくつかご提案いたします。

社員の勤怠管理

企業がリモートワークを導入する上で一番心配されるのが、社員の勤怠状況をどうやって管理するのか、という部分ではないでしょうか。結論から言いますと、従来のやり方と同様に何時間働いたのか、何分休憩したのか、といった視点で管理するのは難しいでしょう。

こういった視点で勤怠状況を管理するとなると、Webカメラで勤務状況を監視したり、頻繁に部下の状況をチャットで確認する、といったやり方になってしまうので、プライバシーやハラスメントの問題が出てきます。

リモートワーク導入後では、何時間業務を行ったかではなく、勤務時間内でどんな業務をこなしたのか、日報や成果で評価するシステムを作ることが大事なのではないでしょうか。勤務時間を定め、社員の勤務状況を知るために、日報のシステムをしっかり作り込むことが重要と考えます。また、最も大事なのは、部下と上司、社員と経営者側との信頼を強固にすることかもしれません。

セキュリティ問題

リモートワークを導入する時に不安を感じるのが、セキュリティ面の問題ではないかと思います。ただ、今回ご紹介したchatworkやzoomのようなツールを使ったからといって、セキュリティが脆弱化するということは無いと思います。セキュリティの面で一番問題なのは、ツール云々では無く、人為的な問題のほうが大きいからです。

例えば、不審なメールをクリックして情報を入力してしまったり、セキュリティの無い公衆無線WiーFiに繋いでしまったり、自宅のPCにセキュリティソフトが入ってなかったり…。スパムやウィルスに引っかかったり、情報漏洩などを引き起こしてしまう原因の大半は、人為的なもので、何もしてないのに上記のような問題が起こることはまずありません。

ですから、セキュリティ対策としてまずやるべきは、社員のネットリテラシーを引き上げることと考えます。リモートワーク導入前に、しっかりと社員への教育を行い、リテラシー格差を無くすことから始める必要があります。

リモートワークが可能な業種

リモートワークは、どんな業種でも取り入れられるというわけではありませんが、多くの業種に導入は可能だと考えています。

保守点検業や建設業などのいわゆる現場仕事には、リモートワークを導入することは難しいですが、帰社後の事務処理に関しては、リモートワークにすることで不要な接触を減らせますし、残業時間を減らすことも出来るかもしれません。

また、学習塾やコンサルティング、カウンセリング、法律相談所などの対面型の業種であっても、環境さえ整えることができれば、リモートワークの導入はそこまで難しくは無いはずです。

導入できる業種の例
  • 英会話教室
  • 学習塾
  • 法律事務所
  • 結婚相談所
  • カウンセリング
  • コンサルティング

一見リモートワークの導入が難しそうな業種であっても、工夫次第ではオンラインを活用したビジネスモデルを構築することも可能です(例:フィットネススタジオの教則動画配信、ネイルサロンのレッスン動画+ネイルキットの販売、動画配信のサブスクリプションモデルの構築など)。

リモートワーク導入はGMマーケティングスへ

リモートワーク中の女性

A plainclothes Japanese businesswoman in an online meeting at home

リモートワークを導入したいけど、よくわからない、面倒で後回し状態になっている、という方は多いのではないかと思います。GMマーケティングスでは、リモートワークで使うツールの導入、設定をサポート、あるいは代行することが可能です。

地方ではまだリモートワークが根付く様子はありませんが、今後東京でリモートワーク化が進んでいけば、当然地方にも影響が出てきますし、リモートワーク化を進めざるを得ない状況になるかもしれません。

また、近い将来にはリモートワークの有無で求人にも影響が出ることも考えられます。もし、今のうちからリモートワークの準備をしておきたい、設定している時間が無いので、お任せしたい、というご要望があれば、直接あなたの会社にお伺いして、必要な設定をさせて戴きますので、ぜひ一度お問い合わせください。