BLOG

代表のブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. HP基礎知識
  4. 塩釜や仙台のホームページ制作費の相場は?損しない業者選定
料金の相場

塩釜や仙台のホームページ制作費の相場は?損しない業者選定

こんにちは、代表のスズキです。
自社のホームページを製作するにあたって、どれぐらい費用がかかるものなのか、相場や目安を知りたいと考える人は多いでしょう。
ネットで検索してみても、ある業者の製作費は10万円だけど、別の業者では50万円など、価格にはかなりバラツキがあると思います。

・なんで価格にこんなに差があるの?
・価格差による違いは何なの??

と悩まれてる方のために、今回はホームページ製作の一般的な相場や、なぜ業者によって価格差があるのか、という部分のお話をしていきます。

ホームページ製作相場の早見表

ホームページ製作の相場ですが、塩竈でも仙台でも、だいたい20~30万円程度の制作費が一般的です。
ただ、中には数万円程度で製作する業者もいれば、100万近くかかる場合もあります。

基本的には、製作するホームページの規模や種類により、制作費は大きく変動します。
かなりざっくりした内容ではありますが、一般的にどの程度費用がかかるのか、ホームページ製作費早見表としてまとめてみました。

ホームページ制作費の早見表
個人事業・中小企業(小規模) 20~30万円
中小企業向け(中規模) 50万円以上
企業向け(大規模) 100万円以上
ネットショップ製作 100万円以上
独自システムの構築 100万円以上

 

ホームページ制作費に差が出る理由

ホームページ制作費に差が出る理由は3つです。

  •  ホームページの規模と種類
  • 制作業者が法人かフリーランスか
  • CMS(更新システム)を導入しているか

ホームページの規模と種類

ホームページ画面

当然といえば当然ですが、ホームページの規模、つまり何ページぐらいで製作を依頼するかによって、金額は大きく変わります。
塩竈や仙台で個人事業・中小企業向けに小規模なホームページ(10ページ前後)を作成するなら、相場は20万~30万ぐらいですが、50ページを超えるような大規模なものなら、100万円を超えることもあります。

制作業者が法人かフリーランスか

会社風景

基本的には、フリーランスに依頼したほうが費用は安くあがります。
理由としては、フリーランスで活動する個人事業主の場合、営業からデザイン、コーディングまで一人で行うため、法人に依頼するよりも人件費がかなり安くなります。
ただ、どうしても個人間でのやり取りになるため、しっかりとした信頼関係が築けるかどうかが課題になります。

CMS(更新システム)を導入しているか

WordPress

ホームページをゼロからコーディング(プログラムを書く)する業者の場合、制作費は基本高額になりますが、WordPressなどのCMSでテンプレートを使用する場合は、価格は下がります。
CMSとは、HTMLやCSSなど専門的な知識が無くても、ホームページの更新が可能なシステムのことですが、後々自分でも運用して行くことを考えれば、CMSの導入は必須でしょう。

代表的なCMS
・WordPress
・Jimdo
・Joomla!
・Wix

デザインの面で特別なこだわりが無ければ、WordPressのテンプレートを使用して製作する業者に頼めば、価格はかなり抑えられるはずです。

まずはホームページを作る理由を考える

ホームページ製作を依頼する上で大事なのは、「何のためにホームページを作るのか」という理由を明確にすることです。

ホームページ作成の目的がはっきりしてないのに、高額な業者に頼んだところで、良いものにはならないでしょう。
ホームページを作る目的としては、

  • 集客ツールとして見込み客を集めたい
  • 名刺代わりの会社案内・概要
  • ネットショップとして商品を販売したい

このようなものが主な作成理由になると思います。まずはどうしてホームページは必要なのか、明確にするところから初めて下さい。

集客ツールとして見込み客を集めたい

集客ツール

ホームページを集客ツールとして活用したい場合、大事なのはデザインではなく、Webに関する最新の知識です。

・SEO対策
・MEO対策
・SNSの活用
・Webマーケティング

このような知識を制作業者が持っているかどうかで、結果は天と地ほどの差が開くでしょう。
Web製作業者と一口でいっても、デザインだけに特化した業者がいまだに多いのが現状ですが、依頼する側がそれを見極めるのもなかなか難易度が高かったりします。
Web製作業者の選び方は、こちらを参考にしてみてください。

名刺代わりの会社案内・概要

名刺交換

名刺代わりとして、会社案内や事業概要をホームページで公開したい場合は、特にSEO対策やWebマーケティングにこだわる必要はありません。
集客ホームページは見込み客にアプローチする必要がありますが、会社案内は知ってる人に対して情報を公開できれば良いだけだからです。
ただ、デザインが古臭かったり、素人っぽいサイトを作ってしまうと、企業のイメージダウンにつながります。
Web制作業者のホームページをよく見て、デザインが良い業者を選ぶと良いでしょう。

ネットショップとして商品を販売したい

ネットショップで購入

ネットショップとして商品販売をしたい場合は、ショッピングカートや決済システム導入、セキュリティ面なども考慮する必要があり、ゼロから作り上げる場合、高額になるのは避けられません。
最近では「BASE」などのような、簡単に無料でネットショップが開設できるツールもあります。

ただ、BASEなどのツールでショップを作れたとしても、作っただけでは1個も商品が売れることはありません。
なぜなら、そのショップの存在を知ってるのは作った本人だけだからです。

ホームページで商品販売したい場合も、やはり見込み客に認知させる必要があるため、SEOやWebマーケティングの知識は必須です。
BASEはWebの知識が無くてもネットショップが開設できる画期的な素晴らしいツールですが、集客は自分でする必要があるので注意が必要です。

さいごに

今回は、ホームページ制作費のざっくりとした相場と、価格差がある理由について書いてみました。
GMマーケティングスはどんなスタイルかというと、

  • CMS(WordPress)導入
  • 個人事業
  • SEOとWebマーケティングが得意
  • デザインはそれなり
  • 地域密着型

こんな感じのWeb制作業者です。

ぜひ今回の記事を参考に、どんなホームページを作りたいのかをまずは明確にした上で、損をしないホームページ製作を考えてみてくださいね。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

代表自己紹介

GMマーケティングス代表の鈴木です。

 

塩竈を中心に、多賀城・利府・富谷など仙台市近郊で、集客できるホームページの製作をしています。

 

Web製作としては、成功報酬型広告(アフィリエイト)で多くのサイトから、成果を出しています。

 

また、JIMOHACK宮城というローカルメディアサイトを運営しており、地元宮城の魅力を多くの人に伝え、地域を活性化させるために活動しています。

 

JIMOHACK宮城県版

 

Twitterのアカウントはコチラです↓↓

Twitter

 

地方では、ホームページの有用性が本当の意味で理解されていないのが現状です。
集客できるホームページで地元企業・店舗の業績向上に貢献し、地域活性化につなげていくことを目標としています。

カテゴリー