BLOG

代表のブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. Web集客
  4. フロントエンドとバックエンドを理解して販売戦略を立てましょう
フロントエンド商品

フロントエンドとバックエンドを理解して販売戦略を立てましょう

こんにちは、GMマーケティングス代表のスズキです。

今回は、フロントエンド商品とバックエンド商品について、少しお話したいと思います。

ところで、フロントエンドとバックエンドって聞いたことはありますか?マーケティングに興味のある方だと、おそらくご存知なんじゃないかと思いますが。

このフロントエンドとバックエンドを使った販売戦略、知ってるのと知らないのとでは、集客の面で大きな格差が生まれてしまいます。
それだけマーケティングにおいては重要な考え方で、特にWebを使った販売戦略を立てるときは、必須と言っても過言ではありません。

もしもフロントエンドなんて聞いたこともないし考えたこともない、という方がおられましたら、是非今回の記事を読んでみてください。

フロント・バックエンドの詳しい説明から、具体例を交えて上手な戦略の立て方まで説明していきます。

フロントエンドとバックエンドとは

ものすごく簡単に言いきってしまえば、フロントエンド商品は「集客商品」で、バックエンド商品は「利益商品」です。

フロントエンド商品は、ひとまず利益利潤は置いておいて、顧客が強く関心を持ちそうな、顧客が「お得」だと感じるような商品を作ります。バックエンド商品は、フロントエンドで集客した顧客に対して、今度は自社の利益がしっかり出る商品を販売していきます。

つまり、フロントエンド商品で見込み客を集客し、バックエンドで利益を出すというのが、この戦略の要の部分になります。

戦略の具体例

フロントエンドとバックエンドは、実は身近なところでも戦略として組み込まれていたりします。

例えば、一番わかり易いのがスーパーマーケットなどで見られる、「試食コーナー」というやつです。

あれはつまり、店員さんが無料で提供している「試食品」が、フロントエンド商品です。売り場で美味しそうな匂いにつられ、店員さんに勧められるままに試食品を一口、なんてよくありますよね。

そして、試食品で集客したあとに待っているのは、たった今食べたその商品の販売です。美味しいので買ってください!と営業されるよりも、実際に食して美味しいと感じれば、顧客は買いたい衝動にかられるわけです。

また、この場合は「返報性の法則」もマーケティングに組み込まれています。返報性の法則については、検索してもらうと解説サイトがたくさんありますので、そちらを参照してみてください。

話を戻します。試食品は無償で提供されるので、当然店側としてはマイナスになるわけですが、バックエンドでその商品を販売するこで、マイナス分を補って余りあるほど利益が出る、ということですね。

他にも、スクールの無料体験や、サプリ、コスメなどのお試し商品なども、フロントエンド商品と言えるでしょう。
有名なところだとマクドナルドの100円マックやコーヒーはフロントエンドで、バックエンドはセット商品。幸楽苑なら、格安の中華そばがフロントエンドで、その他のメニューがバックエンドです。

フロントエンド商品を作るメリットとデメリット

フロントエンド商品を作るメリットには、以下のようなものがあります。

  • 見込み客の開拓
  • 認知度の低い商品でも売りやすくなる
  • 顧客リストを取りやすい

フロントエンド商品は、顧客が全面的に特をする、誰でも欲しくなるような商品を設定します。ですから、当然顧客リストは取りやすくなりますし、あなたの商品が気になる見込み客も集めやすくなります。

また、フロントエンド商品で顧客の信頼を得ることで、「同じ会社の新商品」として、まだ認知度の無い商品でも、販売しやすくなるというメリットもあります。

いっぽうでデメリットとしては、高額のバックエンド商品を最初から売るよりも、手間と時間がかかるという部分があります。

また、フロントエンドとしては自社の利益追求はしないので、フロントエンド商品だけが売れ続ければ、マイナスになってしまうという問題もありますが、これはしっかり販売戦略を立てれば問題ありません。

結論を言うと、多少のデメリットがありますが、メリットのほうがはるかに大きいので、フロントエンド商品は作るべきです。

フロントエンド商品の設計とバックエンドへの繋ぎ方

すでに何となくご理解されていると思いますが、フロントエンド商品を設計する際は、顧客(ユーザー)がお得になるような、誰もが気軽に購入できる商品を選ぶことが大事です。

フロントエンド商品自体で利益を出そうとしないことも大事で、あくまで利益を出すのはバックエンド商品、フロントエンド商品は見込み客の開拓のために必要だと割り切りましょう。

また、フロントエンド商品は売りっぱなしで放置してしまうと、バックエンド商品の成約率が上がりません。フロントエンド商品を販売したあとは、しっかりフォローアップをしていかないと、顧客に忘れられてしまうからです。

例えば、商品に不備や不満はないか、問い合わせしたいことは無いか、商品はしっかり届いているのか、といったことを、メルマガなりLINE@なりレターなりで確認することが、フォローアップになり、見込み客を顧客へと変えていくことが出来るということですね。

さいごに

最初の方でもお話しましたが、フロントエンド商品とバックエンド商品の考え方、戦略は、Webマーケティングにおいては必須といって良いほど大事ですし、とても相性が良いです。

ぜひ今回の記事を参考に、自社の魅力的なフロントエンド商品と、バックエンド商品を考えてみてください。ご質問やご相談などあれば、随時無料でお受けしますので、お気軽にご相談ください。

>>お問い合わせフォームはこちら

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

代表自己紹介

GMマーケティングス代表の鈴木です。

 

塩竈を中心に、多賀城・利府・富谷など仙台市近郊で、集客できるホームページの製作をしています。

 

Web製作としては、成功報酬型広告(アフィリエイト)で多くのサイトから、成果を出しています。

 

また、JIMOHACK宮城というローカルメディアサイトを運営しており、地元宮城の魅力を多くの人に伝え、地域を活性化させるために活動しています。

 

JIMOHACK宮城県版

 

Twitterのアカウントはコチラです↓↓

Twitter

 

地方では、ホームページの有用性が本当の意味で理解されていないのが現状です。
集客できるホームページで地元企業・店舗の業績向上に貢献し、地域活性化につなげていくことを目標としています。

カテゴリー